ニューウォルコンⅣ型

コンクリート
0 

大地震(水平震度kh=0.25) に対応した、国土交通大臣認定擁壁。

【設計条件】

・土質条件

 背面土および基礎地盤の内部摩擦角については25度以上であること。ただし、土質試験により実況確認しない場合 は、背面土については宅地造成等規制法施行令別表第2による「砂利又は砂」、基礎地盤については別表第3によ る「岩、岩屑、砂利又は砂」に該当する場合のみ適用できるものとする。

・荷重条件

 擁壁上面の水平面上の積載荷重は10kN/㎡を超えないこととし、埋戻し土の沈下を見込んだ余盛り以上の土羽を 設けないこと。

・必要地耐力

 基礎地盤の必要地耐力は、下表の数値によること。

・フェンス荷重

 擁壁天端より1.1mの位置に1.0kN/mの荷重が作用するものとする。

 地震の影響 設計水平震度は中地震時kh=0.20、大地震時kh=0.25とし、設計鉛直震度はkv=0とする。地震時土圧係数は物部・岡部式により算定する。

沖縄県
DWG DXF IFC RFA
H-1000
       
H-1250
       
H-1500
       
H-1750
       
H-2000
       
H-2250
       
H-2500
       
H-2750
       
H-3000
       
DWG DXF IFC RFA
H-1000
       
H-1250
       
H-1500
       
H-1750
       
H-2000
       
H-2250
       
H-2500
       
H-2750
       
H-3000
       
DWG DXF IFC RFA
H-1000
H-1250
H-1500
H-1750
H-2000
H-2250
H-2500
H-2750
H-3000
DWG DXF IFC RFA
H-1000
H-1250
H-1500
H-1750
H-2000
H-2250
H-2500
H-2750
H-3000