スパイクブロック(アンカー式護岸ブロック)

コンクリート
0 

1.アンカーピンを打込ことで、1 割5分以上の法勾配で流速約8mまで対応可能です。

2.ブロックマットと比較しブロック重量が大きいため、流水力に対して安定となります。

3.目地モルタルを施工することで水密性の護岸を構築できます。

4.ポーラスコンクリートとすることで透水性護岸を構築できます。

5.水理特性値証明書・テクスチャー証明書を取得しています。


※3次元RFA欄のデータは、SketchUpデータになります。

鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県熊本県大分県宮崎県
DWG DXF IFC RFA
標準ブロック
       
端部ブロック
       
DWG DXF IFC RFA
標準ブロック
       
端部ブロック
       
DWG DXF IFC RFA
標準ブロック
端部ブロック
DWG DXF IFC RFA
標準ブロック
端部ブロック