うらかたくん

コンクリート
0 

1.「道路土工―擁壁工指針」に準拠した大型積みブロックで、安定計算により現場に応じた控え厚を100mmピッチ(基本)で決定し、最適な断面で構築できます。

2.前壁に勾配(うらかたくん:5分)が付いているため、製品を水平に据え付けるだけで簡単に所定の勾配に構築できます。

3.工場にてインサートを埋込んだブロックと専用裏型枠(KCパネル)を現地にてセパレータを介して連結させ捨て型枠となるため、型枠の組みばらし工程が短縮されます。

4.胴込・裏打コンクリートの打設圧力はセパレータをブロックとKCパネルにつなぐ事で相殺するため、施工時に変位する恐れがありません。

佐賀県
DWG DXF IFC RFA
うらかたくんA型
       
うらかたくんB型
       
うらかたくんC型
       
うらかたくんD型
       
DWG DXF IFC RFA
うらかたくんA型
       
うらかたくんB型
       
うらかたくんC型
       
うらかたくんD型
       
DWG DXF IFC RFA
うらかたくんA型
うらかたくんB型
うらかたくんC型
うらかたくんD型
DWG DXF IFC RFA
うらかたくんA型
うらかたくんB型
うらかたくんC型
うらかたくんD型