ブレストンGT

コンクリート
0 

ブレストンGTの特徴

①ブロック側面への「傾斜面の付加」により、護岸との隙間を小さくすることで流速を減じ

 ブロック設置面への影響を抑え、洗掘防止効果が図れる。

 また、護岸との隙間が小さくなることにより、「間詰め工」が不要となり施工作業の省力化も図れる。

②ブロック上面の「突起」により、河床部の流速を減じることが可能。

③ブロックに「脚」を付けることにより、設置時の傾き調整を容易にし施工性UP。

3DPDFをダウンロードして、確認できます。(確認方法はこちら≫

ブレストンGT 形状・寸法・諸元表 (形状・寸法・諸元表.jpg, 130 Kb) [ダウンロードする]

新潟県
DWG DXF IFC RFA テクスチャ
ブレストンGT-P 2t
         
ブレストンGT-R 2t
         
DWG DXF IFC RFA テクスチャ
ブレストンGT-P 2t
         
ブレストンGT-R 2t
         
DWG DXF IFC RFA テクスチャ
ブレストンGT-P 2t
         
ブレストンGT-R 2t
         
DWG DXF IFC RFA テクスチャ
ブレストンGT-P 2t
ブレストンGT-R 2t
DWG DXF IFC RFA テクスチャ
ブレストンGT-P 2t
ブレストンGT-R 2t
DWG DXF IFC RFA テクスチャ
ブレストンGT-P 2t
ブレストンGT-R 2t